04/27/2020 UP

メディシンボールで 体幹トレーニング

身体の深層部につく筋肉の総称で、インナーマッスルとも呼ばれている体幹。
この体幹を鍛える体幹トレーニングは、スポーツに欠かせないフィジカルを身につけられるため、
プロアスリートをはじめとした多くのスポーツ選手が練習に取り入れています。
また、近年では美容と健康へのメリットも注目されており、
体幹トレーニングを日々の生活に取り入れているモデルや女優さんなども増えているそうです。
簡単な道具だけで気軽にできる体幹トレーニング。ぜひ、挑戦してみてください。

※店舗によりお取り扱いが無い場合がございます。
※店頭とオンラインストアで価格が異なる場合がございます。

メディシンボールの特徴

    • 1.気軽に体幹を鍛えることができる
    メディシンボールを使ったトレーニングは、日常生活で使う「つかむ」「押さえる」などの日常的な動作を必要とするので、大きな筋肉だけでなく細かな筋肉も鍛えることができます。また、ボールを使うことで同時にバランス感覚も鍛えられ、結果体幹をトレーニングすることができます。
    • 2.長く続けることで太りにくい体質に!?
    ボールを使うことで、飽きることなく体幹を鍛えることができます。体幹を鍛えることで「代謝が良くなる」「姿勢が良くなる」「内臓が正常な位置に戻りぽっこりお腹が解消される」ようになり、太りにくい体質をつくることができます。

メディシンボールで鍛えられる筋肉

【脚・腕】
ボールを持ってトレーニングすることで、脚と腕を同時に鍛えることができます。

【肩・腕】
ボールを持ってトレーニングすることで、肩と腕を同時に鍛えることができます。

【腹筋・脇腹】
ボールを使ってトレーニングすることで、より体に負荷をかけてトレーニングすることができます。

[動画で解説]メディシンボールの使い方

脚・腕を鍛える

  • 肘が前に出るように両手でボールを持ち、膝がつま先より前に出ないようにしゃがみます。
  • 立ち上がり、両腕を高くあげます。

腹筋・脇腹を鍛える

TRAINING.1

  • 膝にボールを挟んで足を浮かせ、両手を胸の前でクロスさせます。
  • 膝の位置を固定し、上半身を左右にひねります。(グラグラする場合は足を下して行いましょう。)

TRAINING.2

  • 両手でボールを持ち、両足を浮かせます。
  • 膝の位置を固定し、上半身を左右にひねります。(グラグラする場合は足を下して行いましょう。)

腹筋を鍛える

  • 背中を床につけ、両手を上げ、ボールが頭の上にくるようにします。
  • 上半身と下半身を上に高く持ち上げるようにします。

オンラインストアで「メディシンボール」を探す

SPECIAL FEATURE

おすすめの特集

PICKUP ITEM

おすすめの商品