公開日: 2020/10/11更新日: 2021/10/26

陸上新ルール適合シューズ

先日、ワールドアスレティックス(世界陸連)からシューズに関するルール改定の発表がありました。マラソンなどで使用した選手の好記録が相次いでいる「シューズ」について、トラック種目では800メートル未満の種目は2センチ以下、800メートル以上の種目は2.5センチ以下などとする規定の改正を発表し、ロード種目を除いて4センチ近い「シューズ」は使用できないことになりました。日本陸連では、2020年11月末までを移行期間として、使用できるかどうかは大会の主催者の判断に委ねることとしていますが、12月からはこのルールが適用されます。

※随時商品を追加して参ります。

ソールの最大厚さ新ルール

■フィールド種目
3段跳び以外 20mm (*)
・3段跳び 25mm以下 (*)

■トラック種目
・800m未満(ハードル含む)20mm (*)
・800m以上 25mm以下 (*)

■クロスカントリー
・25mm以下 (*)

■マラソンや競歩などのロード種目
・40mm以下 (*)

■マウンテン、トレイルランニング
・規定なし

ソールの厚さ 40mm以下

マラソンや競歩などのロード種目(40mm以下も対象)

ASICS

ソールの厚さ 20㎜以下

フィールド種目(3段跳びは25㎜以下も対象)、800m未満のトラック種目(ハードル含む)

ASICS

MIZUNO