2021/11/13 UP

DESCENTE「GENTEN」

POINT

  • よりソフトなEVA硬度のミッドソールに
    
    推進力を追求するカーボンプレートによる負荷を軽減するために
    ミッドソールのアップデートを行い、推進力、安定性、
    そして快適性を実現。
    ロードをより快適に走ることができるように。
  • かかと部分がメッシュ生地に
    
    走行時のかかとの足当たりなどを改善すべく、
    新モデルではメッシュ生地を採用。
  • つま先部分がメッシュ生地に
    
    走行時のつま先の窮屈さなどを改善すべく、
    新モデルではメッシュ生地を採用。

ランニングシューズの原点「GENTEN」

多種多様なシューズが展開されている日本市場の中で、日本人が走る為に必要な機能がデザインされたシューズが意外と少ないのではないか? 「人間が本来持つパフォーマンスを引き出す機能開発」 デサントが今まで行ってきた開発の根源。 シューズの機能性に走りを合わせるのではなく、機能が日本人の足・走りに合うシューズをデザインすることが出来ればファンになってもらえるのではないかと考えた。 ランニングシューズに必要なことは地面を蹴る力を無駄なく、安定して推進力に変換すること。 「走る為の靴としての当たり前」を当たり前に表現し、その安心感が違った意味で新鮮に感じられるど真ん中のランニングシューズがデサントらしさになる。 ランニングシューズの原点「GENTEN」。
  • 01.ドロップ形状
    中足部で一気に角度を付けることで、
    走行時に推進力を得られやすい底面形状を開発。
    静止時の安定と走行時の推進力の両方を実現。
  • 02.反発性/カーボンプレート
    地面により近い位置に配置することで、
    地面からの反発がそのままカーボンプレートに伝わることにより、
    高い反発力を発揮する。
    (※カーボンプレートはELのみ搭載)
  • 03.グラフェン搭載
    ノーベル物理学賞を受賞した「グラフェン」を配合したGRAPHENE RUBBERを採用。
    地面をしっかり掴み、
    次の蹴り出しがしやすくなる形状、
    配置を研究開発。
    (※グラフェンはEL・RCのみ搭載)
    
    04.フィット感
    原点に立ち返った「走る為のシューズ」を開発。
    脚力のロス無い高いホールド性で今までに無いフィット感を実現。
世界陸連ルール改定後の800m以上のトラック種目で使用可能。
(※EL・RCが対象)