2021/08/17 UP

ROTE JAPAN LYTE FF2

POINT

HEEL COUNTER
かかとへのフィット性を高める為の、ヒールカウンターの形状。

MESH+FILM UPPER
メッシュ面積を多くとったアッパーが軽量性と通気性を追求。
耐熱フィルム補強を採用し軽量ながらも足に沿うようなフィット性を追求すると同時に摩擦熱による破損軽減を追求。

フットスリーブ
内部に足を包むような構造を採用し、フィット性向上を追求

FLYTEFOAM PROPEL
反発性に優れたFLYTEFOAM PROPELが素早い蹴り出しをサポート。

FLYTEFOAM
かかと部〜中足部のFLYTEFOAMが、軽量性と衝撃緩衝性の両立を追求。

GEL
かかと部のGELが衝撃緩衝性を追求。
N.C. RUBBER
グリップ性に優れたアシックス独自配合のラバーを全面に採用

OUTSOLE PATTERN
さまざまなシーンでのグリップ性を追求するアウターソール意匠。

TWISTRUSS
中足部に搭載したTWISTRUSSがスピーディーな方向転換をサポート。

ミッドソール

  • ミッドソールのかかと〜中足部(青部分)はFLYTEFOAM、
    前足部(赤部分)はFLYTEFOAM PROPELを採用。
    
    前作同等の軽量性を維持しながらも
    前足部の反発性をアップさせることで、
    より素早い蹴り出し動作をサポート。

TWISSTRUSS

  • 前作には搭載していなかった
    TWISTRUSSを中足部に採用
    
    内ねじれを許容しつつ、縦方向の屈曲を抑制することで
    素早い切り返しをサポートする。

軽量性

  • アジリティを追求するための新構造/素材を採用しながらも、
    シリーズ一番のポイントである軽量性は前作同等をキープ。
    
    ASICSの高価格帯バレーボールシューズの中で最軽量。

アウターソール意匠

  • さまざまなシーンでのグリップ性を追求するアウターソール意匠。
    
    横に力がかかりやすい部分(赤矢印)
    縦に力がかかりやすい部分(青矢印)
    母指球中心に回る部分(黄矢印)など
    箇所によって意匠を変えることでグリップ性を追求。