公開日: 2021/03/11更新日: 2021/04/29

PICK UP UA ATHLETE

様々な目標、意志をもって、前へ進むUAアスリート

新しい自分との
出会い

栗原ジャスティーン
(ライフスタイルモデル)

信じる道を
迷わず進む

鈴木実沙紀選手
(ラグビー選手)

たどり着いた
一番大切なこと

竹内智香選手
(スノーボードアルペン選手)

あきらめない、
乗り越える

本橋菜子選手
(バスケットボール選手)

より良く
生きるために

セーリィークリスティーナ美怜
(ヨガインストラクター)

たどり着いた
一番大切なこと

竹内智香選手
(スノーボードアルペン選手)

⻑野五輪に感動して、中学⽣の時にスノーボードを始める。
2002年、ソルトレークシティ五輪に初出場すると、2014年のソチ五輪で
スノーボード競技における⽇本⼈⼥性初となる銀メダルを獲得した。
2022年の北京五輪では、冬季で⽇本⼥⼦最多となる6⼤会連続出場を⽬指す。

新しい自分との
出会い

栗原ジャスティーン
(ライフスタイルモデル)

中学⽣の時にスカウトされてモデル活動を始める。⾹港や⽶国ロサンゼルスを拠点に
活動する中で、ライフスタイルモデルとしての⾃⾝の⽣き⽅を確⽴。
トレーニングカルチャーを浸透させるとともに、外⾒だけではない⼥性の美しさについて
発信を続けている。ベストボディジャパン2015東京⼤会、グランプリ受賞。

より良く
生きるために

セーリィークリスティーナ美怜さん
(ヨガインストラクター)

⺟の影響でヨガを始める。⼤⼿ヨガスタジオのトップインストラクターとして活動した後、
2020年にフリーへ転⾝。幅広いジャンルに精通し、ワークショップやリトリートなどの
イベントを数多く主催するなどヨガの魅⼒を伝えている。
「ミス・ワールド・ジャパン2020」のファイナリスト。

信じる道を
迷わず進む

鈴⽊実沙紀選⼿
(⼥⼦ラグビーフットボール選⼿)

タグラグビーをきっかけに、13歳でラグビーを始める。
進学した市⽴船橋⾼校、関東学院⼤学では、男⼦選⼿と練習していた。
2010年に初めて7⼈制⽇本代表に選ばれると、2012年には史上最年少で
15⼈制⽇本代表の主将を務めた。2021年にニュージーランドで開催される、
⼥⼦ラグビーワールドカップの出場を⽬指している。

あきらめない、
乗り越える

本橋菜⼦選⼿
(⼥⼦プロバスケットボール選⼿)

姉の影響で⼩学⽣の時にバスケットボールを始める。
早稲⽥⼤学をインカレ優勝に導き、Wリーグの⽻⽥ヴィッキーズでは、
2年⽬から主将を務めるなどチームをけん引。
2019年のアジア杯では⽇本の⼤会4連覇に⼤きく貢献し、MVPを獲得した。
東京五輪出場を⽬指している。

PICK UP FEATURE

パフォーマンスマスク

ANIMAL COLLECTION

For Women TRY!BODY MAKE